フェア一覧 資料請求 来館予約

2021.02.24

日本の文化 和装について

みなさま こんにちは

いつもプランナーブログをご覧いただきありがとうございます!

 

先日のブログで、神前式の流れについてご紹介いたしました。

今回はその続きとなる、神前式で着用する和装についてお話いたします。

 

 

白無垢

綿帽子や角隠しをつけ、打掛から掛下・帯・小物などすべて白一色で統一した衣裳です。

武家の娘が挙式で着用した格式が高い衣裳といわれており、500年以上の時を超え、今も人気で伝統ある衣裳です。

「嫁ぎ先の色に染まる」という意味があるそうですよ。

以前に、白無垢の魅力についてお話した記事がございますので、

よろしければ参考にしてみてくださいね!!

 

白無垢 色打掛 和装 神前式

 

 

色打掛

小袖を着た上に帯を締め、華やかな模様が描かれた着物を打ち掛けていた事から、打掛と呼ばれるようになったそうです。

白以外のものをすべて「色打掛」と呼びます。

色や刺繍の柄で、白無垢とはまた違った楽しさを味わう事ができます。

 

白無垢 色打掛 和装 神前式

 

白無垢で挙式をされ、披露宴の入場で色打掛を羽織られる方も多く見受けられます。

 

紋付袴

新郎様の紋付袴は左右の胸と両袖の後ろ・背に紋をつけた五つ紋が正式とされています。

明治時代に「五つ紋の黒紋付」が男性の礼装として定められた事から、広まったそうです。

 

白無垢 色打掛 紋付 和装 神前式

 

 

先週に引き続き、日本ならではの和婚をお伝えいたしましたshine

純白なウエディングドレスへの憧れが強い方も多いと思いますが、

和装もとっても素敵なので、ぜひ検討してみてくださいね。

 

 

プランナーYbaseball

----------------------------------------------------

URBAN SKY WEDDING

心斎橋が、一生の思い出の街になる

おふたりに ‘ちょうどいい‘ WEDDING‘

----------------------------------------------------

 

お問い合わせ・ご来館予約は下記より承っております。

お気軽にお問い合わせ下さいませ。

RESERVATION

資料請求・来館予約

Tel.06-6244-0002

(ホテル日航大阪7F ウエディングサロン)

 平日/11:00~19:00 
 土・日・祝日/9:00~19:00 
 定休日/火・水(祝日除く)